現在のお気に入りのジャズ・ブログは、次の二つです。

ジャズ喫茶案内(http://jazz-kissa.jp/

元雑誌編集者の楠瀬さんのブログ。楠瀬さんは、当店の開店早々の3年前に、店でお会いした方です。その際は、東日本のジャズ喫茶を紹介する本の出版ということで取材を受けたましたが、その後計画を変更、価値あるブログ「ジャズ喫茶案内」が誕生しました。

感心するのは、ご本人が「ジャズ研ジャズ喫茶部」というだけあって、ジャズ喫茶に対する温かいまなざし。 元雑誌編集者というキャリアを感じさせる達意な文章力も、この種ブログの中では秀悦。
また、ジャズ喫茶の老舗「イーグル」で開催された「これからのジャズ喫茶を考えるシンポジウム」(昨年7月)、「シンポジウム/ジャズ喫茶の逆襲」(今年3月)の詳細かつ正確な報告は、ジャズ喫茶のマスターとしても関心大のテーマだけに、ありがたく思います。

もちろんブログ名となっている各地のジャズ喫茶の案内も大変参考になります。

Kameblues(http://ameblo.jp/kameblues/

 2015年から開始されたブログ。ご本人によれば、開始当時は、「ジャズおよびオーディオの初心者」とブログにありますが、週末を中心にジャズ喫茶巡りを重ね、今やジャズ喫茶の伝道師と言って良い活躍。私にとっては、居ながらにして各地のジャズ喫茶のリアルな情報が入手でき、ありがたい限りです。(上記の「シンポジウム/ジャズ喫茶の逆襲」でも、その活躍から、参加者に紹介されたようです。)

こちらのブログは、ご自身が感じたことを素直に発信されている点を評価しています。ジャズ喫茶巡りで蓄えた経験や知識をご自分なりに咀嚼され、そのうえで、今後のジャズ喫茶の在り方についてのコメントを行うなど、当方も素直に「なるほど」と受け止めています。各地訪問の折には、その土地の方々と親しくなり、現地ならではの情報を入手される行動力もたいしたものと思います。

Kamebluesさんは、ちょうど一年前(2016年7月10日)に来店されました。その折は、こちらも存じ上げず、お互いの名乗りが出来ませんでした。Kamebluesさんの当店紹介ブログに「先客の老婦人のリクエスト?かな かなり古い女性ボーカルが流れてます。 ミルドレッド・ベイリー Mildred Bailey ?」とありますが、このご婦人は、若いKamebluesさんが、ご存じないのはしかたないのですが、有馬稲子さんです。

有馬稲子さんがどんな方かは、彼女のブログ「有馬稲子の喜望峰」(https://sites.google.com/site/arimaineko/)を、ご覧いただくと詳しくわかりますが、60歳以上の方なら、どなたもご存じと言って良い宝塚出身の大女優です。店の近くの高齢者専用のマンションにお住まいで、常連さんでは一番の有名人です。当日は役作りの参考にと「Lover Come Back To Me」のリクエストがあり、私の一番のお気に入りのMildred Bailey をかけた次第です。

前回、お話できなかったKamebluesさんとは、再びお会いし、楽しくお話できればと願っています。